韓流ドラマについて

少し前から空前の韓流ドラマブームとなり、韓国人のペンパルを探している人が増えています。何となく韓流ドラマと言うと「暗い」「純愛」「ドロドロ」と言った様な、衝撃な展開が繰り広げられる様な、日本で言うとメロドラマ風な感じの物を思う方が多いと思います。しかし最近の韓流ドラマではそうした物以外にもラブ・コメディとか笑える明るい感じの物も放送されているのです。そんな韓流ドラマは日本では絶大なる人気を誇っていて、海外ドラマ大全盛の日本でも韓流ドラマの占める割合も結構多いそうです。そんな韓流ドラマですが、視聴者の意見をかなり大切にしている様です。例えば雑誌の企画であるドラマの今後の展開を予想すると言う物が有ります。そこで出てきた意見を参考にしてドラマ作りをする事もあるのだそうです。またスタッフに関しては電子掲示板に書かれている内容を常にチェックしてドラマ作りをしていると言う話も有ります。韓国で流されているドラマは殆ど韓国放送公社「KBS」、文化放送「SBS」「MBC」と言う3大テレビ局で制作されています。その製作スピードはかなり早くて、通常日本だと連ドラは週1回のペースですが、韓国では週2回のペースで大体60?70分程の放送枠で流されているそうです。日本でも1996年あたりから韓流ドラマを流す様になってきました。そして火付け役となったのがあのペ・ヨンジュン、チェ・ジウが出演していた「冬のソナタ」です。2004年にNHKで放送され一躍大ブームを巻き起こしたのです。その後の韓流ドラマの日本への進出ぶりは多くの方がご存知の事と思います。